近場?辺境?どこ行こう日記

縮めてチヘド日記

夜ライドだ!葛西臨海公園行くっぺ~

夜は涼しくて、いいぞ

本日は夜ライドとなっております。今までものぞき坂とか夜に行ったことあるけど、中距離くらいの夜ライドは初めてですな。前に行こうとして自転車破壊したしな…。

今回の目的地は~~~葛西臨海公園になります!荒川から少し外れてソソーッと行けば、すぐ葛西臨海公園があるらしい。みかんさんが一人で途中まで行ったんだよね。その時は、夜も遅かったから荒川の左岸(右岸?)の途中で引き返してたけども。今回は二人でぶいぶい行きますよ~。

夜の!車道!も、だいぶ慣れたもんですよ(震え)荒川の河口目指してしゃかしゃか~。で、途中の橋を渡って反対側へ移動。お~道が舗装されてるし街頭が多いから走りやすいな~。でも人が多めだから安全運転で行きましょうね。あ、観覧車がどんどん近づいてくる。あれに乗ったこともあったな~懐かしい思ひ出。そろそろ公園付近かな?ん?どうやって入るんだこれ?なんか金網ばっかで侵入できないぞい?ここは駐輪場なのか。ん~ここから入っちゃっていいかな~?スミマセーンと謝りながら侵入。いけませんね。イケナイことをして~

葛西臨海公園到着!

突然の思い出話

着いたった~。このロータリーとかバス停とか見覚えあるある。以前は電車でぽっぽこ来たんだっけな~。あの時も夏だったかな。お昼頃に到着したんだけど、朝からものすごく快晴だったにも関わらずタオル持ってくるの忘れて売店で買った覚えがある。ついでにビールなんかも買っちゃってね。まずは海の方へ歩いて行って、葛西渚橋を歩いていく。ちょっとした離れ小島っぽい西なぎさに上陸!バーベキューコーナーが賑わっているのを横目に更に奥に進んでいって、行き止まりまで歩いたっけ。特に海に入るわけでも触るわけでもなく、たまに海面を跳ねる魚を見たり、上空をふわふわ飛んでいるうみねこを見たりして楽しんだな~。

次に鳥類園ウォッチングセンターまで歩いて行ってな~。意外と遠かったんだよなあ~。施設は二階建てで、一階はほぼシャッターが下りてたかな。螺旋階段で二階に上がって、開いている施設内には鳥の写真とか、鳥にまつわる展示物があって、見てて結構面白かった。階段を上がってすぐの吹き抜けのところで、ジュースを飲みながら周りの森を観察。この森の中に、何羽の鳥が潜んでいるのだろうと思って、目を凝らしてみるも一羽も見つからなかったよね。反対側の方へ移動すると、湖の方に向けてバードウォッチングの人たちがバズーカ並の望遠鏡をセットして覗き見していた。あれって、いつ来るのかわからない鳥を待っていて、飛来したら望遠鏡でまじまじ嘗め回すように見るっていう遊びなのだろうか。それともずっと望遠鏡に張り付いて「来い…!来い…!」と念じる遊びなのだろうか。釣りと似て異なる趣味だなと思った。

それから道なりに公園出口の方へ歩いて行って、いい感じに暗くなってきたので、観覧車でも乗ろうか!というノリに。観覧車とか何年振りかしら。観覧車の足元に行くと、まあ全く並んでいませんよね。スタッフさんに二名分のチケット代を払って進んでいく。ゴンドラに乗り込めー。久々に乗ったけど、意外と揺れますね…!少しびびりますよ…。どんぶら高度が上がっていって、外に目を向けると、う~む暗い!海の方なんか真っ暗だし、園内もあまり明かりはない感じ。ホテルがあるから、そこはふんわり明るくていい感じ。夢の国のホテルの方がテッカテカに光ってたけどもね。てっぺんに辿りついたら陸側の方が良く見えた、ような思い出がある。正直、結構怖くてあんまり覚えてないんだよね。別に高所恐怖症じゃないはずなんだけど、後天的になってしまったんだろうか?不思議。夜景をスマホで撮ってみたけれど、内蔵されてるカメラの性能が悪すぎてただの真っ暗写真しか撮れなかった。変なの写っても怖いし、即消去。心のアルバムに納めましたよ。無事に一周して無事に大地と再開できて嬉しい気持ち。結構歩き回って疲れたので、素直に電車に乗って帰りましたとさ。

現代に戻る

思い出話が長くなったけれど、いよいよ、軽く腹ごしらえして公園内を走りますかね。…おや?ファミマなかったっけ?あれ?なんか配置変わった?以前来た時はファミマとラーメン屋があったはずなんだけども。ラーメン屋でラーメン食べた記憶があるんだけどなあ。再開発で消えてしまったのか。仕方ないので、駅前のニューデイズに頼るか。みかんさんにお使いを頼む。

み「めっちゃ品揃え少ない」
よ「まじか」
み「おにぎりもパンも全然ない感じ」
よ「まじか。違うコンビニ探す?」
み「ん~そうしようかな~」

コンビニ検索アプリで近場のコンビニを確認。

み「近くになさそう…」
よ「まじかー」
み「ん~」
よ「とりあえず出て、適当に走ってみる?」
み「ん~、あ、道路渡った方にありそう」
よ「おk」

またこそこそ駐輪場地帯を抜けて右に曲がる。大きめの歩道橋が見えてきた。自動車侵入禁止のポールがめっちゃ立ってる…wいや、こういう所にあるのは自転車の減速推進ポールなのかな?間隔も狭いからさっさと降りて押しながら登ろう。ってみかんさん、突っ込むネェ?!

よ「降りなよ~」
み「いやいける!…あっ!」
よ「あっ」
み「アーーーーーーーー」ズシャー
よ「だから言ったのに」
み「助けてください…」
よ「お待ち」

ポールにぶつかってバランスを崩して倒れたみかんさんを救助しに行く。cerveloを歩道橋にちゃんと立てかけて、倒れないようにチェックして、みかんさんと自転車を起こす。

よ「怪我は?」
み「だいじょぶ」
よ「自転車は?」
み「多分大丈夫だと思うけど、今から確認する」

よく考えたら自転車の故障確認を歩道橋に侵入してすぐの入り口でやるべきじゃなかったよね。邪魔にならないように端っこに寄っていたとはいえ、他の人の邪魔だったろうなあ。テールライトをぴっかぴかに光らせてたままだったから、上ろうとしてる人が私たちにぶつかることはなかったのが幸い。次にこういうことがあったら、広めの道でチェックするようにしよう。

み「問題なさそー」
よ「良かった良かった」
み「気を取り直して出発」
よ「フォー」

選択肢が4つくらいある歩道橋を降りて、チャリを進める。

み「見えないな~」
よ「そろそろあるのでは?あっ看板発見」
み「どこどこ」
よ「右斜め前方」
み「おっそうだな。あっ見えた」

いつもの緑青白の看板がぴかぴかしている。適当におにぎりやら肉まんやらを頬張る。ウマスウマス。スポドリも一本補充して再度、葛西臨海公園へ出発!また駐輪場から侵入しようとしたら、先行していたみかんさんが駐輪場のおじさんに止められた。やっぱり怒られたのかな。

み「ここ通らないでね~って怒られた」
よ「ですよね。でも入り口見当たらなくない?」
み「端っこの方にあるんだってさ。帰りはそこから出よう」
よ「アイサー」

うっわ園内暗すぎない?!

さーてさーて、公園内に侵入しますよ~。あっさっきのニューデイズが営業終了してる!ほ~21時に閉まるのか。そういえば観覧車もそれくらいの時間だった気がする。…だよね。暗いよね。なんて思いながら、以前水浴びすずめを目撃した噴水横を通り過ぎる。えっ歩いてる時はどうも思わなかったけど、結構道悪いね…!尻がprprする。というか、暗くない…?園内のレストラン暗くて怖いんだけども…!

よ「暗いぜよ」
み「まぁそうね」
よ「コワイッシュ」
み「なんも出ないってー」

とりあえず直進してクリスタルビューに到着!おお、前からライトを持った人が来ると思ったら自分だった…。そうだよね、めっちゃガラスだもんねこの建物。自転車を壁に立てかけて写真を…あっ右の暗がりから人が出てきた…!結構暗いのに普通にいるのか…びびる…。よく見たら意外と人がいるね…!?明かりも付けてないのにみんな怖くないのか…。つよい。

じゃあそろそろ園内を走ってみますか。まずはちょう鳥類園に向かう道を下って~、えっこわっ!ヒェェ両隣が森で真っ暗やないですか~。何これなんか出るよ絶対うわ~やべ~ひえ~

よ「みかんさんみかんさん」
み「どした」
よ「暗くてすげーこわい」
み「えぇ?!」
よ「熊とか出てきたらしぬる」
み「ないでしょww」

とりあえず下って、鳥類園か海側か分岐に差し掛かった。ところ、真っ暗な鳥類園側から人の気配が…!実際に人が来た!男性2名、女性2名のリア充っぽいグループ。別にいるのはいいけど懐中電灯くらい持っててよ!すごくびっくりしましたよワタクシは!というかまじで真っ暗じゃん向こう側…。こんな中をキャーコワーイアハハウフフしてきたって言うのか…ハートが強すぎる。あ~もう目の前の休憩所みたいなところもガラス張りだから中が透けて見えて怖いってよ~。なんかいたらどうすんのさ~私絶対ビビッてビンディング上手く付けられなくて転ぶ自信あるよ~。

よ「ね~」
み「ん~」
よ「やっぱ暗くて怖いからかえろ~」
み「えぇ?!せっかく来たのに?!」
よ「明かりが少なすぎて心許ない」
み「あの人たちも暗がりから来てるし、平気だって」
よ「私は平気じゃないのじゃい」
み「じゃあ~帰る?」
よ「帰る~ん」

私のわがままで帰ることに。夜ライドに備えて明るめのライトを買った方がいいねこれは。というか街灯がなさ過ぎんねん。お化けとかね、信じてないけど信じちゃってる人だからね、ホラー映画見た日の夜とか、結構びくびくしながら寝るからね。

平和に帰宅~。意外と眠かったのですぐお布団inしてすやすやしました。

よし、榎本牧場だ!

榎本牧場にいざ行かん!

み「荒川上流を攻めませんか?」
よ「おっなんだなんだ」
み「牧場行ってジェラート食べに行きましょう」
よ「行くかああああああ」

というわけで本日は平日、快晴の中、榎本牧場へちゃりちゃり。相変わらず上空から熱線が照射されているので、こまめにフルームごっこ(ボトルの水を頭や腕にかける)をしつつ、塩分タブレットをprpr。基本的に荒サイ上流を目指して走っていけばいいので、道には迷いにくいはず。が、途中で荒サイを外れて、橋を渡り、秋ヶ瀬公園を通り抜け、運動場的なところを右に曲がり、ちょっとしたサイクリングロード的なところを走り、工場地帯的なところをうろちょろ~っと。

榎本牧場到着!あぶね~~。ずっと荒サイ走ってればいいと思ってたのに、普通に外れて通常の道とか走るんか~。そりゃそうか。牧場直通のサイクリングロードなんてないわな。飯田牧場だって、境川サイクリングロードが近くにあるけど、途中から普通の道に入るもんな。

続きを読む

Re:ビンディングデビュー!そして…

心ポキから一週間。家で抜け殻になっていたけど

み「荒川の花火大会…行きませんか?」
よ「あるのか」
み「そろそろあるんですよ」
よ「…行くか…自転車で」
み「練習しますか」
よ「します!」

続きを読む

ビンディングデビュー!…いけるか?

足も治ったし、例のシューズに手を出しますか?

1ヵ月後、そこにはギプスと松葉杖を取り外した私の姿が…!でもカカトを地面にしっかり付けて歩くのは、まだちょっと怖い感じ。右足首が動きにくいので、リハビリしながら戻していきましょうね。

ギプスと松葉杖が外れたということは、自転車に乗れるということですね?下り坂で落車の恐怖はまだ全然払拭されてないけれど、平坦なら怖くないから乗りたい気持ちはずっとあったんですよね~。というわけでリハビリがてらいつもの荒川かな~なんて思っていたところ

続きを読む

右カカトにヒビですかーそうですかー

カカトが痛いぞい

大垂水から帰ってきて1,2日、カカトに湿布を貼って様子を見ていたけれど一向に痛みが引かない。何よりカカトをつくと激痛が走る。ということで近場の病院へ行くことに。

医「これヒビ入ってますね」
よ「そんな気はしていました」
医「完治するのに1ヶ月くらいかかるかなー」
よ「えっそんなに」
医「折れてたらもっとかかってたよ~」
よ「なるほど」

ワタクシ初めて骨を負傷したので、1ヶ月でも十分長いやな~なんて思いましたよ。折れてなくて良かった~ 良くないけど。そしてこの時期、夏真っ盛り。今年は本当に異常に暑くて、松葉杖で外を歩くと数メートルもしないうちに汗噴出、呼吸困難。ギプスをすることになったので、足がすごく蒸されて痒くなってくるし、リアルに命の危機を感じたので、会社に説明して杖なしでも歩けるようになるまで休みをいただくことに。理解のある職場で良かったですわほんとありがたしありがたし。

スーパー箸休めを満喫~。

全治一か月!

ギプスだ~

ターニングポイント、初の峠・大垂水峠(後編)

行くんだ、相模湖へ!

目に焼き付けておけよ

ラーメン屋から見える景色はいいぞ

よ「相模湖行きたいです!」

そう、心身ともに元気があふれていた私は大垂水峠を反対に下って、相模湖を見たいと思ったのだ。みかんさんはおそらく私の体力を考慮して、だいじょぶかな?的な反応を示したけれど、乗り気ならいいかと賛同してくれた。

先にみかんさんが下っていく。ん、ちょっとこれ、速くない?えっあれ。

み「ヒョー」
よ「ちょ、ちょっと速い」
み「そう、先に行ってるからゆっくりおいでー」
よ「え、あ、う、うん」

続きを読む

ターニングポイント、初の峠・大垂水峠(前編)

峠を自転車で登る…?!

み「なんとか100kmも走ったし、そろそろ峠攻めたくないですか?」
よ「おっそうかな…」

飯田牧場から数日、正直軽く燃え尽き症候群になっていた私と違って、やる気満々なみかんさん。そうだよね。前々から山に行きたいって言ってたよね。

み「大垂水峠は初心者向けらしいですよ」
よ「へぇー」
み「行きませんか」
よ「あー」
み「美味しいラーメンあるらしいですよ」
よ「ほー」
み「攻略しませんか」
よ「早朝ライドは車が少なくて走りやすかったよね」
み「そうそう」
よ「初心者向けなら大丈夫なのかな…」
み「だいじょぶだいじょぶ」
よ「じゃあ行ってみようか」
み「Foo↑↑」

続きを読む